新築の賃貸物件に住みたい!メリットとデメリット


充実した最新設備!新築の賃貸物件のメリット

賃貸物件を借りようと思っていても、前にどんな人が住んでいたかということは誰にもわからないので、嫌だなと感じる人もいるかも知れません。そんな人にとっては、新築の賃貸物件というのが部屋を選ぶときの条件の一つになるでしょう。新築の賃貸物件は、築1年未満で以前の居住者が誰もいない部屋のことを言います。部屋の壁やフローリング、キッチンやお風呂・トイレもすべて真新しいピカピカの設備を利用できるところが魅力の一つです。また、デジタルキーや録画付きのインターホンなど、最新の防犯設備を取り入れていたり、宅配ボックスやブロードバンドの設備など、時代のニーズに合わせた最新設備が整っているところも多いというメリットもあります。

誰も住んだことがなくて、設備環境が整った新築の賃貸物件は誰もが魅力的に感じますよね。そんな真新しい物件を借りるうえで、気を付けるべきポイントもあるので、知っておく必要があるでしょう。注意点を知らずに契約して、あとから失敗だと思うことがないように、しっかりと把握しておくことが大切です。新築の賃貸物件は家賃がエリアの相場よりも高いというところがデメリットの一つです。

新築の賃貸物件のデメリットも把握しておこう

建物から共有部分の受付やエレベーター、部屋の内装や設備も全部新しいので、周囲の家賃相場よりも格段に高くなります。ですから、新築の賃貸物件を条件にしていても、無理をして高い家賃の部屋に住むと、毎月の支払いが困難になる可能性も出てきます。デメリット面を意識して、収入とのバランスを考えて契約する必要があるでしょう。

夏は冷涼で25℃を超えることはまれです。「猛暑ニッポン」にあって異国のようです。釧路の賃貸で熟睡できる夏の夜が実現します。