初心者でも失敗しない!賃貸住宅選び方の進め方


初心者にありがちな失敗例を見てみましょう

初めて賃貸物件を探す際、よくありがちな失敗事例を確認して、後悔しない賃貸探しをしましょう。
失敗事例でよくあるのが、特定の条件にこだわり過ぎた結果、本当は自分に必要だった他の要因を見落として契約してしまう例です。例えば通勤通学などの利便性にばかり気をとられてしまった場合。「都心部でないと嫌だ」など、立地にこだわり過ぎて、都心部で物価が高く生活が困難になってしまう、騒音がひどくて夜眠れないなどの失敗があります。

他の事例としては、部屋の特定のポイントにばかり目を奪われ、その他の設備をしっかり確認せず、「住んでみたら生活しにくかった」などがあります。例えばキッチンが広く使い勝手が気に入って契約したけれど、住んでみたら収納が思いのほか無く、部屋が物であふれかえってしまった、などの失敗事例もあります。

住んだ後の生活をシミュレーションしてみましょう

例えば社会人になって1人暮らしで引っ越す場合、日中は会社等仕事場にいることがほとんどです。休日外出する機会が多ければ、やはり1日のうち部屋にいる時間は限られます。「日当たりのいい部屋じゃないと嫌」というこだわりがあったとすると、妥協できる部分が見えてきます。物件探しでは希望の優先順位をつけて探すことが基本ですが、このような生活パターンのシミュレーションを行っておくことが大事です。

他にも「ロフトがある部屋じゃなきゃいやだ!」という憧れやこだわりがあったとしても、どのように活用するかまで落とし込んで考えると、実はあまり必要な条件ではなかった、ということが見えてきます。住んだ後の自分の生活を客観的にシミュレーションして物件探しをすれば、かなり希望に近く生活しやすい物件と出会えます。

札幌東区の賃貸は、若い人にとても人気があります。その理由は、札幌駅、北海道大学、ショッピングエリアまで近いにも関わらず、賃貸価格がとても低いことにあります。大学生や若い世代の夫婦が多く住んでいます。